東アジアスーパーリーグが2022年10月にスタート、Bリーグの島田慎二チェアマンは「東アジアのバスケの底上げになる」と期待

August 12, 2022

4 min

東アジアスーパーリーグが2022年10月にスタート、Bリーグの島田慎二チェアマンは「東アジアのバスケの底上げになる」と期待
東アジアスーパーリーグが2022年10月にスタート、Bリーグの島田慎二チェアマンは「東アジアのバスケの底上げになる」と期待

Written by

News Tags

Final Four

BLG

CBA

PLG

PBA

EASL

Dragons

Press

マット・ベイヤーCEO「アジアのバスケ界のゲームチェンジャーに」

東アジアスーパーリーグ(EASL)が2022年10月に最初のリーグ戦を開催することを発表した。日本のBリーグ、韓国のKBL、フィリピンのPBA、チャイニーズ・タイペイのPリーグ+に加え、香港では新チームが創設される。初年度はBリーグとKBL、PBAから各2チーム、Pリーグ+から1チーム、そして香港で新たに立ち上げられるベイエリア・チュンユー・フェニクシーズの8チームが参加し、来年10月12日に開幕する。

8チームが2つのグループに分かれ、10月から翌年2月にかけてホーム&アウェーでグループリーグの6試合を行い、各グループの上位2チームが3月のファイナル4・ウィークエンドに進出して優勝を決める。優勝チームには100万ドル、準優勝チームには50万ドル、3位には25万ドルの賞金が用意される。

EASLはこれまで『テリフィック12』などの大会を行って準備を進め、今回はFIBAと10年間の提携を結んでのリーグ発足に至った。EASLのマット・ベイヤーCEOは、今日行った会見でこう意気込みを語った。「アジアのバスケ界にとってEASLがゲームチェンジャーになると思っています。これまでは1億人の市場だったのが、東アジアで17億人に増えます。ファンベースを広げ、コロナ終息後にファンが国を行き来して試合を見てもらいたい」

同席したBリーグの島田慎二チェアマンも「BリーグのチームにとってはEASLへの出場という新たな目標ができます。上のレベルを目指すこと自体がプラスで、海外の強いチームと戦う、特にアウェーで国際ゲームの経験を積むことは日本代表にとってもプラスになり、選手のスキルとメンタルの向上にも繋がる」と語り、新たな国際大会への期待として次のように続けた。

「トップレベルのチームが集まって試合をすることが東アジアのバスケの底上げになる。ファンにとっても隣国のバスケを直接見る機会ができ、代表の試合で『あの時に見た選手だ』と親近感が湧きます。アジア枠でプレーする場合の注目度も変わってきます。選手のレベルアップだけでなくファンの交流も、コロナで動けない時期が続いてきたので、交流が起きるきっかけになれば、大きな話ですがアジアの交流、平和に繋がっていけばと思います」

2019年夏にマカオで行われた『テリフィック12』には琉球ゴールデンキングス、千葉ジェッツ、宇都宮ブレックス、新潟アルビレックスBBが出場。いずれも早期敗退となったが、中国の遼寧フライングレパーズが優勝、ランス・スティーブンソンがMVPとなり、プレシーズンながら大会は盛況のうちに幕を閉じた。

2022-23シーズンに最初の大会が始まり、3シーズン目からは16クラブへの規模拡大も予定している。ここからは中国CBAの参加も見込まれる。「アジアからさらに上の大会も考えている。これは夢物語ではなくFIBAも実現を願っている」とベイヤーCEOは言う。

BリーグからEASL最初のシーズンに参加するのは、今シーズンの上位2チーム、つまりファイナル進出の2チームとなる。すでに来シーズンのスケジュールは調整済み。島田チェアマンは「善戦では面白くないので、初代チャンピオンになってもらいたい」と、ここでも日本のバスケがアジアで活躍することを目指している。

Sign up to Easl Fan Zone

Subscribe to our Fan Zone for a chance to win exclusive prizes and stay updated on everything about EASL!

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.

Partners

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse varius enim in eros elementum tristique.